←トップに戻る


2009/01/04



あけましておめでとうございます。



新刊落としてましたorz すいません……。
まったく申しわけないです。
初参加で期待した結果がこれだよ!

次回(もしあれば)は、もっと準備万端な状態にしてからやりたいと思います。
ほんとにすみませんでした……。


2008/11/03





冬コミ受かってました。

はい、一年ぶりの更新ですね。すいません。
最近はずっとpixivの方で活動(?)してました。
なんか信じられないですけど、もうちょっとしたら出すもの整理しますねー。

2008/01/05



暇だったので、壁紙サイズ作ってみました。

080104_w1.jpg(1600x1200)
080104_w2.jpg(1024x768)
080104_w3.jpg(1280x800)

なんかしょぼしょぼな出来ですが、このまま何もないのもどうかなと思いまして……。ええ、つなぎです。
ディスプレイのサイズに合わせて、ご自由にご利用ください。

今日、朝に家を出たらすっげー寒くて、見ると曇り空からちらちらと白いものが落ちてきてました。
雪かと思ったんですが、すぐ止んでしまいました……しょんぼり。おれのワクワクを返せ!

2008/01/04



「おい」
「ん?」



「ほれ」
 そう言って両手に持っていた紙コップのうち片方を差しだしたのは、今さっき自販機から戻ってきた代々木だった。
「お、何それ」
「コーヒー。いらない?」
「……いや、じゃあ貰っとく。ありがと」
 代々木から熱い液体の入ったコップを受け取り、軽く口をつける。熱い。
 そのまま、二人で道のガードレールに寄りかかると、道路を横切っていく車のヘッドライトの群れを眺める。すぐ側には、さっきまで代々木の運転していた、かわいらしい軽自動車が止まっている。
「着くまであとどれくらい?」と俺は訊く。
「まぁ、だいたい30分〜1時間ってとこだろ」
「年明けまで間に合うかな」
「大丈夫だと思うけど……」
 コーヒーの湯気が温かい。俺は手元のコーヒーをまた一口すする。
「……行くか」
「そうだなぁ」
 俺と代々木は、車に戻るために重い腰を上げる。
「今度は運転変わろうか?」
「お、いいね」
 代々木がうなずく。俺たちは車に乗り、出発する。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

改めまして、あけましておめでとうございます。
とか言いつつ余裕で三が日すぎてますけど。すいません一カ月周期で。
まぁこれからもマイペースで行きたいと思います。よろしくお願いしまーす。


2007/12/04



1万ヒットありがとうございます!



「電脳コイル」よりデンパくん。アニメ終了記念。
この子のためにこのアニメをずっと見てたと言っても過言ではない。

顔はそこまで可愛いわけでもないんですが、なんといっても画面を所狭しと
動いてるのを見ているだけでも幸せな気分になります。
最近デブショタ的ポジションのキャラを見ていなかったので、とりあえず嬉しかったのもある。

見逃してた人は、12月8日からの再放送も見るべし! 本編自体もかなり面白いよ!


2007/11/19



描いてみたら調子が良かったので描き切ってみました。(でかすぎたんで縮小)



「や……やめてください熊井先生、まだ勤務中でっ」
「へへへ、鈴木先生、そんなこと言いながら、どうしておち○ぽおっ勃ててるんです?」

前に立っている方が国語の鈴木先生、後ろで責めている方が体育の熊井先生です。
この二人は同じ学校に勤めている同期の先生同士で、
鈴木先生は、お気に入りの男子生徒の忘れものを使って教室でオナニーしていたところを
熊井先生に写真で撮られてしまって以来、ずっと性奴隷のように扱われている、という設定です。
今考えました。すいません。

なんか、ぼくの絵は基本的に顔がデカくなりがちなようで、
これでもかなり整形をほどこした方です。


2007/11/16



だいぶご無沙汰してました。
生きてます。



とりあえず手足を伸ばしてるおでぶさんを描きたかった。
足広げた方がよかったかな。そっちのほうがエロいなあ。

ともかく、これからもマイペースにやっていけたらいいなと思います。